「2020年までに地球上で無重力状態を作り出すプロジェクト」

suguru goto
12.7
  • 2016年12月7日
  • OPEN:19:00 / START:19:30
  • Ticket:¥2800
  • 会場:渋谷WWW
  • http://www-shibuya.jp
  • チケット購入 e+ : http://eplus.jp/
  • お問い合わせ先
  • http://sugurugoto.com/shibuyawww
  • 後藤英 (Suguru Goto)
  • アーティスティック・ディレクション、作曲
  • ルシオ・アリーズ (Lucio Arese)
  • イメージデザイン
  • パトリック・デファースン (Patrick Defasten)
  • イメージデザイン
  • 駿河暁子
  • ダンス
  • 鈴木綾香
  • ダンス - EndFragment

世界のメディア・アートの最先端を走る後藤英が、2016年3月に行われたCDアルバム「CsO」と書籍「Emprise」の発売記念ツアー以降初めてとなる日本でのパフォーマンスを、12月7日(水)渋谷WWWで開催する。
全世界初公開となる今作は、プロジェクションマッピングの技術を利用した3Dダンスシアター。重力をなくした地球の姿がaugmented reality(拡張された現実世界)としてステージ上に現れる。
重力という秩序を失った人間社会はどこへ向かうのか?
その変化に人間の身体はどう適応しうるのか?
フランス屈指の音楽研究機関イルカムに所属する後藤英の最新作は、私たちに人間の在り方そのものについて問いかける。2016年3月に2枚組CDアルバム「CsO」とサウンド&レコーディングマガジンへの執筆の集大成である書籍「Emprise」を同時発表。現在はパリを活動拠点としている。

suguru goto

後藤英(Suguru Goto)

ニューメディア・アーティスト、作曲家。斬新なエレクトリカルミュージックとボディスーツを用いたパフォーマンスなど、アートとテクノロジーを融合するスペクタクルを作り上げる。後藤の作品は、ヨーロッパを中心に世界中のアートコンテスト、フェスで多くの賞を受賞し、国際的に高い評価を受けている。音楽、芸術、科学、哲学すべてにおいての深い造詣を、前衛的なテーマで表現する日本屈指のニューメディア・アーティスト。

http://sugurugoto.com/

http://sugurugoto.free.fr/

— Dancer—

駿河暁子

駿河暁子

5歳より静岡・浜松にて松田和代師事のもとモダンバレエを始める。日本女子体育大学舞踊学部を卒業し、能美健志、軽部裕美、柳瀬真澄、横山悦子に師事。新国立劇場など都内の劇場で数々の舞台に出演したのち、2014年にはエルメス主催イベントにダンサーとして出演。(振付 : I COULD NEVER BE A DANCER)AndropのMVに出演するなどその活動は幅広い。 埼玉全国舞踊コンクールシニアの部奨励賞、なかの国際洋舞コンクール入賞3位。シルクドソレイユの登録ダンサーでもある。

鈴木綾香

鈴木綾香

幼少よりモダンダンスを始め、クラシックバレエ、ヒップホップなどジャンルを広げる。 2010年、日本女子体育大学・舞踊学専攻を卒業し、コンテンポラリーダンサーとして活躍している。 2011年にはヨコハマトリエンナーレ公式パフォーマー、皆川まゆむダンス公演、まことクラヴ作品に出演。以後、京都国際舞台芸術祭 KYOTO EXPERIMENT2013 でのbaobabの作品、柴田恵美作品など活動の場を広げている。横浜市営術文化教育プログラムの一部として横浜市内の小学校にてWS講師・アシスタントとしても活動している。

— Panelist —

草原真知子

草原真知子(早稲田大学文学学術院/文化構想学部表象・メディア論系教授)

メディアアート/メディア文化の研究者、キュレーター、早稲田大学文学学術院教授。80年代前半からデジタルアートのキュレーションと評論に携わり、つくば科学博、世界デザイン博、東京都写真美術館、NTT/ICCなど国内外の企画展示、プロデュースに関わる。メディア技術と文化・社会・芸術の相関作用をテーマに、デジタル時代のアートと同時に写し絵、幻燈、パノラマなど江戸から昭和初期の映像文化も研究する。論文はMediaArtHistories(MIT Press)、Media Archaeology (UC Press)、Companion to Digital Art (Wiley)、Routledge  Handbook of New Media in Asiaなどに収録。SIGGRAPH、アルス・エレクトロニカ、ISEA、広島国際アニメーションフェスティバル、文化庁メディア芸術祭など国際公募展の審査委員を歴任。東京工芸大学、神戸大学、UCLAを経て現職。工学博士(東京大学)

佐々木敦

佐々木敦(HEADZ代表)

批評家。HEADZ主宰。本イベントに関係のある著書として、『ex-music(L)(R)』(アルテスパブリッシング)、『「4分33秒」論』(Pヴァイン)、『テクノイズ・マテリアリズム』『(H)EAR』(青土社)、『テクノ/ロジカル/音楽論』(リットーミュージック)等がある。

サンソン・シルヴァン

サンソン・シルヴァン(アンスティチュ・フランセ東京 文化プログラム主任)

2010年末より、フランス政府公式文化機関アンスティチュ・フランセ東京の文化プログラム主任を務め、ビジュアルアートを中心に、数々のイベントや討論会等を企画する。2012年より毎年2月に開催しているフェスティバル「デジタル・ショック」は、フランスのデジタル・カルチャーを紹介しながら、日本とフランスの芸術交流のプラットフォームとなることを目指している。

パトリック・デファースン

パトリック・デファースン

ベルリン、ドイツに在住のカナダ人アーティスト。デジタル・アニメーション、グラフィックス、短編映画、ライブ・オーディオ・ビジュアル・コンサートやインスタレーションのコンテンツを作成している。デザイン、映画、建築を学ぶ。彼の映像作品は幾何学的な抽象、ノン・ナラティブなデジタル美学が組合わさった形に基づいている。ソニック・リサーチ・セルAUDINTのメンバー。

http://www.defasten.com

— Graphics —

パトリック・デファースン

パトリック・デファースン

ベルリン、ドイツに在住のカナダ人アーティスト。デジタル・アニメーション、グラフィックス、短編映画、ライブ・オーディオ・ビジュアル・コンサートやインスタレーションのコンテンツを作成している。デザイン、映画、建築を学ぶ。彼の映像作品は幾何学的な抽象、ノン・ナラティブなデジタル美学が組合わさった形に基づいている。ソニック・リサーチ・セルAUDINTのメンバー。

http://www.defasten.com

ルシオ・アリーズ

ルシオ・アリーズ

建築家、ピアニスト、作曲家、グラフィック・デザイナー。思慮深く、個人的な方法で画像、動画や音楽との結合による可能性を探っている。2008年よりビデオ撮影を始め、映画監督としてのキャリアをスタート。 彼の作品は、ワンドットゼロ・アドベンチャー・イン・モーション、アルスエレクトロニカ、SIGGRAPHなど多くの世界的に重要なデジタルアートのフェスティバルにて展示されている。 その他、バイエルン放送やIdNマガジン、カンヌ映画祭などでも作品は発表されている。イタリア、クネオに在住

http://www.lucioarese.net

海野崇彬

海野崇彬(Takaaki Unno)

MV、TVCFのディレクター。メディアアートやグラフィックも手掛ける。 CGを用いた美しい作品を発表する反面、アニメーションディレクターズユニット「もちごめ工房」のメンバーでもあり、その活動は多岐にわたる。

ダミアン・セルバン

ダミアン・セルバン[Damien Serban]

デジタルな表現を介入させ作品を制作する映画監督・デジタルアーティスト。 舞踏を交えた自身初の3Dアニメーション"Chrysalide"や、ダンサー竹之内淳が出演した"Silken"に顕著に見られるように、ダンスの世界に関心を持つ。 近年のライブパフォーマンスに、ダンサーの動きにリアルタイムで反応するイメージをダンサーの身体に投影する作品"Sens Fiction"、"Introscope"などがある。 アーティストの映画作品は数々の国際的なフェスティバルで上映されており、作品はリール美術館やゲテ・リリック(パリ)などで展示された。 ツールではなくパレットのように新しいテクノロジーを駆使し、ピクトリアルなデジタルイメージがどのようになりうるか試行錯誤しながら知覚的な映画を作る制方法法を探求している。

http://www.damienserban.com

Body in zero G

「Event web site」 sugurugoto.com/shibuyawww

2016年12月7日

OPEN : 19 : 00 / START : 19 : 30

TICKET : ¥ 2,800

会場 : 渋谷www

チケット購入 e+ : http://eplus.jp/

出演者 : 後藤英、駿河暁子、鈴木綾香

お問い合わせ先 : info@athor-harmonics.co.jp

map

渋谷WWW 03-5358-7685

http://www-shibuya.jp/contact/

cso

CD

「CsO」

2枚組CD ¥3,241+税

ATHO-3009

Athor Inspiration

cso

書籍

「Emprise」

¥6,000+税

style note

後援:在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ日本

http://institutfrancais.jp

cso

協賛:Le Cube

http://lecube.com

cso

主催:Athor Harmonics株式会社

http://athor-harmonics.co.jp/

cso