富山

責任と義務がある富山の割り切り

米原潜水艦が米国ハワイ沖の宇和島水産大学の練習船愛媛丸に衝突し、9人の生徒が死亡した事故が発生してから20年が経過した。当時、米原潜水艦のスコット・ワドル大尉(61)は、

 

富山 〜割り切り出会い掲示板【情報】

 

愛媛新聞へのインタビューを受けて、富山の割り切り犠牲者、遺族、犠牲者に公開書簡を送った。 「私は事故の全責任を負います。愛する家族を亡くした遺族、クラスメートを亡くした生徒、船長、乗組員に謝罪します」と彼は書いた。米海軍に妨害され、遺族への直接の謝罪が遅れたことを謝罪し、富山の割り切り「もっと早く会おうとすべきだった。ごめんなさい」と述べた。彼は過去20年間、世界中の人々の前で事故と彼の過ちを話し、共有してきたことを思い出します。富山の割り切り

手紙は電子メールで送られ、8枚にまたがっていました。遺族や被害者の中には、「広大な海で、なぜこんな事故が起こったのか」という後悔と疑惑が続いているが、ワドル氏は手紙に「米海軍調査委員会は事故の原因を完全に間違えた」と書いた。その時、私は間違いを見つけた。「彼は「事故は避けられた。私は船長としての義務を怠った」と付け加えた。富山の割り切り

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *