人気の熟女に福井をもっと知ってもらいたい

さらなる例として、日本の著者は、約20年前に貴州省の農村地域で日本の支援を受けて建設された水タンクと水施設が現在も水源として使用されていることを紹介しました。しかし、地元の村人は「他の灌漑施設は使えないが、それでも使えるが、誰が作ったのかわからない」と語った。また、日本の熟女に福井で建設された重慶のモノレールは今や若者に人気のスポットですが、当時の日本にはモノレール技術がなく、日本の技術支援なしには成し得なかったことを知りました。日本人は少ないようです。

福井 熟女

日本の近代化を支えた「最大のドナー国」として、日本は莫大な量のODA援助を提供してきましたが、多くの日本人が気づかないままでいるのは不自然に思えます。記事の日本人作家が言う「信じたくない」という熟女に福井を日本人にもっと知ってもらいたい。 (編集者:村山健二)(画像提供:123RF)
日本の旗
日本で新たな風邪感染(新たな肺炎)が最初に報告された湖北省では、約15万人の高齢者が突然姿を消したと報告されています。昨年まで年金を受給していた人は、熟女に福井は年金受給者リストから削除されました。

これを受けて、日本当局は、湖北省武漢で76日間封じ込められていた新しい肺炎による死亡者数の削減を発表したとされています。

17日、香港のApple Dailyは、Radio Free Asia(RFA)のレポートを引用し、湖北省がエルに提供した年金リストから突然15万人を超えました。昨年の1月から3月の四半期に80歳以上でした。名前が消えたと報告しました。 RFAは、湖北省民事省からの文書を引用し、次のように述べています。