広島

春には広島で出会いがあり俳句を書いた

・お風呂で疲れたときは疲れますか?広島で出会い

・話すよりも静かに眠りたい夜には、春の星の光に愛が込められます

・夜空の光の中で明るい星を抱きながら優しく眠ると、あたたかい夢を見るかもしれません。広島で出会い

春だからおやすみの俳句を書きました。
ひとひらの愛3月に

*ひさかのひかりとき
(ノリモトキツノリ/コキンシュ)広島で出会い

 

広島の出会い必勝法【17選】出会えるポイントをじっくり検証

シーズンは「3月」です
(サンガツ/サンガワツ)
中春シーズン広島で出会い

植生の芽は活発ですが、北部の国はまだ雪に閉ざされています。桜が遅く咲き始める地域はたくさんあります。最近、多くの人々が花粉症に苦しんでいます。

3月に住んでいる雲の深さ
(飯田竜太)広島で出会い
3月に再び雪をrowぎます
(井原西鶴)
3月の旅行の準備方法
(稲葉Re子)
3月の甘い納豆うふふふふ
(筒内綱紀)
最初に3月のハトと栗を飛ばす
(石田波吾)
マーチとレモンバイト妻の唇広島で出会い
(草間時彦)
3月に入る鳥も速い
(相馬Re子)
海の風と3月の汚い髪
(桂信子)
海に響く3月の絵本
(金子陽太)

花平を抜けた桜
(対イズミ)
それは風だったのか、それとも「花びらをこすった」人なのか?

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *